7/14最新 第57催眠作品発表しました詳細コチラ
このヘッドラインは同人アキバ出版がお送りしています。

ガチ催眠の地味な説明です

ありがたいことに
ブログ経由で催眠モデルの応募がいくつかありました。

なので催眠について、ちょっと書いてみます。
あくまでも自分のケースからの観点です。

自分の経験だと催眠は、
●初対面で深くかかる方と
●何度も会うことで深めていく
●催眠にかからない
3タイプ。

初対面だからこそ、深い。
2回目は、導入方法をかえないと初回みたいにいかない。

会えば、会うほど深くなるタイプは
ラポールをしっかり構築していくなど

大げさに言うと100人いたら100通り。

催眠にかかりたくないタイプは、
これは心療内科などの先生たちのガチ治療領域レベルなので…。


さらに、ですね。
術者と被験者の相性があります。
どんなに手練な方でもかからないのに
経験の浅い術師でかかってしまう。

威圧的な態度でないとかからない人
威圧的な態度には拒否反応してしまう人

あと術師の雰囲気です。
服装から外見、しゃべり方
信頼できそうか、できなそうか。

俗に言う、
催眠にかかりやすいタイプとかかりにくいタイプを噛み砕くと

ボクにとっての、かかりやすいタイプ、かかりにくいタイプ
ボクが得意なタイプ、苦手なタイプ。


書いていて、こんがらがっちゃたのですが、

営業マンのセールストークと同じです。
もっと上手くいく為にはアレンジが必要

催眠に関して
敷居が高いイメージがありますが
マニュアル的にはAmazonにある書籍で完璧だと思います。
治療系などはとっつきにくい学術書ですが…。

車の運転よりは簡単だと思います。
ただ車と同じで、被験者によっては不足の事態も多々あるので
しっかり読み込んでから…が良いと思います。




ちなみに、クリトリスをイメージして下さいと被験者に言って
被験者がクリトリスが気持ちよくなくて、イけない状況だったら
これは無理なので、
事前に、一番の性感帯を聞いておくと、スムーズに暗示文いけると思います。

以前、導入でリラックスしてもらう為に
こう言いました。

あなたは、とてもリラックスしてきました
草の匂い
小川のせせらぎ「清流の音」イメージして下さい。


うまいいかないなぁーと内心思って
別なイメージに移行したのですが、
術後に被験者に聞くと

「小川のせせらぎ」や「清流の音」の意味が
わからなくて、イメージできませんでした。

とのこと。
若い方はわからないことが多いですww

自分のイメージじゃなくて、相手のイメージです。
それが重要です。
関連記事

コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

トラックバック:

http://akibapub.blog.fc2.com/tb.php/24-cd28aa21